入社祝い金ってどういうのもの?

もともとは入社準備のためのもの

正社員やアルバイトの募集の中には入社祝い金が支給される会社があります。数千円から数万円まで金額は様々ですが、求職者にはありがたいお金です。古くは地方から都市部に引っ越しをして就職する人が多かったことから、新生活を始めるお金に充ててほしいと言う会社の配慮の意味合いが強い制度でした。現在では入社祝い金の制度を存続している会社自体が少なくなり、仕事を選ぶ際の企業のアピールポイントの一つになっています。また、お金をもらうと義理が発生することから、なるべく他社に行かせないための手段でもあります。 工場やタクシー運転手などの募集では入社祝い金がもらえるところが多く、金額によっては最初の給料までの繋ぎに利用できます。

工場には入社祝い金も含め嬉しい特典がいっぱい

生活に困っていて、すぐに収入にしたいと思ったときには、工場勤務がおすすめです。特に派遣労働では入社祝い金がもらえるケースが多いです。応募者を確保したい事情があり、企業からのお金以外にも、求人媒体からも数千円単位の入社祝い金が支給されることがあります。 住み込みで勤務する場合は寮費が気になりますが、食事代の負担のみで寮費は無料という企業があり、仕事と同時に居住する場所も確保できるというメリットがあります。電気製品や自動車など、大規模な工場は土地代削減のために地方に建設されることが多く、お金を使う場所が少ないので、給料をコンスタントに貯金していくことも可能です。入社祝い金だけではない魅力が工場勤務には存在します。

© Copyright Job Interview. All Rights Reserved.